生前から棺を準備!? エコな段ボール棺も人気!

たまたま見たテレビ番組で、最近は終活の一環として、生前に自分の棺や遺影を準備して手元に置いておく人が増えているというレポートをやってました。

遺影は分かりますが、なぜに棺?
棺って結構大きくて場所をとると思うんですが・・・。




生前に棺を準備する理由はさまざま

実際に棺を部屋の一角に鎮座させている50代半ばの女性。
15歳年上のご主人との間には子供はいない。

自然な流れでいくと夫が先に逝き、自分の後始末をしてくれるのは、遠縁の親戚か第三者になるだろうから、なるべく迷惑がかからないようにしたいとのこと。

今は棺を着物の衣装ケースとして使っているようです。施設に入ることになったら一緒に引っ越しするのだとか。

別の60代後半とおぼしき女性もすでに棺を自宅に準備しているのですが、その棺というのが、組み立て式の段ボール製の棺でした。

二酸化炭素の排出量が少ない、木材の消費が減る、燃焼時間が短く省エネになるなど、環境に優しい段ボール棺は、最後の社会貢献になると言っていました。

段ボールでできた棺があること自体初耳だった私ですが、だいぶ前からあるらしく、取り扱っている葬儀社も多いようです。

段ボール棺にも、表面が段ボールのままのものと布張りしたものがあって、布張りしたものは木製の布張り棺と見分けがつかない出来映えです。値段も最低5万円以上するようです(こちらのサイトに写真と金額が載っています)。

段ボール棺もお安いとは言えない価格ですが、同じ値段でも、エコな棺に価値を見いだせるのならば迷わず選択する人もいるでしょう。

棺はネットショップでも買える

棺の値段はピンキリですが、葬儀社のオプションでは最低のものでも5,6万はしますよね。原価は7,8千円だと聞きますが。

でも、こだわりがなければネットショップでは組み立て式の木製の棺が2,3万で買えます。組み立て式だから事前に準備しておいてもそれほど場所をとらない利点があります。

例えば、Amazonでは折りたたみ式の棺は18,700円(送料別)で購入できます。

楽天では、組み立て式棺が19,800円~、木製の棺 が22,000円~、 布張りの棺が21,000円から入手できます(送料別)。

また、棺・骨壺・骨壺カバー・風呂敷・骨上げ用箸がセットになった「直葬(家族葬)セット」28,000円(送料別)という商品まで販売されていますよ。

お葬式セット 28000円コース【楽天】

=====
無宗教式や直葬、小規模な家族葬であまりお金をかけずにシンプルにやりたい、とにかく費用を抑えたいというのであれば、棺だけでも自前で用意することはメリットのある選択肢だと思います。自作してもいいわけですから。

故人が自分で準備していなかった場合でも、葬儀社や周りから何か言われたら、この棺は故人が生前に用意していたものだからと言えばいいのです。