葬儀費用を抑えるには

葬式はお金がかかるので、今のご時世、少しでも費用をおさえたいと考えるのは自然なことです。

生活に余裕がない、介護にお金がかかったから葬式代はそんなに出せない、家族に負担かけたくないから葬式はシンプルでいいという経済的な理由はもちろん、お金に余裕はあるけれど家族に残したい、葬式にお金をかけるより生きているうちに使いたいと考える人まで、葬式の費用をおさえたい理由はさまざまです。

葬儀費用を安くおさえるためにはどんな方法があるのかまとめましたので、参考にしてみてください。

葬儀費用の全国平均は?

まず、いったい葬儀にはどのくらいの費用がかかるのでしょう?

日本消費者協会の第11回「葬儀についてのアンケート調査」報告書(2017年)によると、葬儀費用の全国平均は合計で195.7万円でした。

葬儀一式費用 121.4万円
飲食接待費 30.6万円
寺院への費用 47.3万円
葬儀費用の合計 195.7万円

このデータは、葬儀の規模や会葬者の人数などの詳細は考慮していない、単純な平均額なのであくまでも参考値です。

それにしても、私も含めこの金額を見て「エッ!こんなに」と感じる人の方が多いのではないでしょうか。

葬儀費用は、葬儀一式費用(葬儀そのものにかかる費用)、飲食接待費(通夜振る舞いや精進落としなどの会食費や、会葬返礼品・香典返しなどにかかる費用)、寺院費用(僧侶に渡すお布施)に大別されます。

個人的には正直どの費用も高い!と感じてしまいます。

それでは、葬儀費用を安くおさえるには、どんなことができるのか見ていきましょう。

葬儀費用を安くおさえる方法

1. 格安の定額葬儀サービスを利用する

現在は、あらかじめ必要なものがパッケージ化された定額の葬儀プランを、提携葬儀社に施工してもらうネットの葬儀仲介サービスが普及しています。

最低限必要な物品・サービスに絞ったプラン内容になっているので、一般の葬儀社よりも費用が格安なのが特徴です。

葬儀一式費用(飲食接待費・寺院費用含まず)の全国平均は121.4万円(第11回「葬儀についてのアンケート調査」報告書)ですが、格安の定額葬儀サービスを利用すると、一番高い一般葬プランでも約半額ですみます。

自分で葬儀社に直接依頼すると、何も分からない依頼者につけこんで、葬儀社の都合のいいように決められて高額になる可能性がありますが、定額葬儀サービスの場合は、各葬儀プランに規定されている条件を超えたり、オプションを追加しない限り、追加費用は発生しないため、安心して利用できるのが大きなメリットです。

この定額葬儀サービスの存在を知っているのと知らないとでは、葬儀費用に雲泥の差が出ます。シンプルかつ低価格の葬式を希望する人にはおすすめです。

実績も信頼もあり、安心して利用できる大手のおすすめは以下の2つです。

いずれも、火葬式(直葬)、一日葬、家族葬、一般葬に対応しています。また、早割制度を申し込めばさらにお得になるほか、定額かつ格安でお坊さん手配(お布施・戒名料、車代・心付け・御膳料込み)も可能です。

まずは資料請求して、内容を確認してみましょう。

小さなお葬式

一番選ばれている定額葬儀サービス
・提携葬儀場全国4,000ヶ所以上
・2017年度葬儀受注件数No.1(TPCマーケティング・リサーチ調べ)
・葬儀実績累計 15万件突破(20018年3月末)
・年間相談実績 13万件(2017年度実績)
・お客様満足度 93.4% / 知人にも紹介したい 94.3%(自社調べ/2018年3月時点)
・安心の返金保証
・お坊さん手配も定額55,000円~
「小さなお葬式」を運営しているのは株式会社ユニクエストです。ユニクエスト社は、葬式の透明化をモットーに、高すぎる葬儀費用を適正化し、格安の定額葬儀サービスをいちはやく展開した草分け的存在です。業界トップの受注実績と提携葬儀場数を誇っています。資料請求(無料)すると、葬儀費用が5,000円割引 & エンディングノートがもらえます。

 

よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

定額葬儀大手では最安
・業界最安の定額葬儀サービス
・提携葬儀場は全国3,000ヶ所以上
・年間相談実績 3万件以上
・お客様満足度97%(自社調べ)
・安心の全額返金保証
・お坊さん手配も定額55,000円~
株式会社よりそうが運営する「よりそうのお葬式」は、定額葬儀サービス大手の中では葬儀費用が最安です。割引制度や定額の周辺サービスも充実しているので、とにかく葬儀費用をおさえたい人には最適です。また、利用者の評価も高いので、安くても安心して利用できる業者にお願いしたい人にもおすすめできます。こちらも、資料請求(無料)すると、葬儀費用が5,000円割引 & エンディングノードがもらえます。

 

2. 葬儀社一括見積もりサービスで複数の葬儀社を比較する

死亡してから葬儀社を探すと、高くつく可能性大です。

予備知識もなく、なんの準備もしていなければ、ただでさえ家族の死に直面して動揺していたり、初めての喪主で何をどうすればいいか判断できずにいますから、あせって病院提携の葬儀社に依頼したり、適当に近くの葬儀社に決めてしまうのではないでしょうか。

葬儀社に勧めらるまままにやった結果、必ずしも必要ないものが付加されたり、不必要に豪華な葬式になったりで、後々後悔することになります。

葬儀費用を安くしたいと思うのであれば、「何も知らないことをいいことにアレもコレも必要ないものまで組み込んで」と葬儀社を責める前に、利用する側が賢くなる必要があると、父の葬式を体験して実感しています。

そのためには、事前に複数の葬儀社の見積もりをとって、葬儀の形式にはどんなものがあるのか、最低限何が必要なのか、費用はどのくらいかかるのか、利用できる最寄りの葬儀場・斎場はどこか、などの情報を入手して、ある程度自分なりの葬儀スタイルや規模、依頼する葬儀社を決めておくことです。

そうすることで、

  • 葬儀費用の比較ができるので最安の葬儀社を把握できる
  • 故人または家族にふさわしい葬儀スタイルを検討できる
  • 臨終の際にあわてずに済む
  • 時間的・精神的余裕を持って故人を見送ることができる

など数々のメリットが得られます。

自力で一件一件葬儀社に連絡して見積もりをとる、という方法もありますが、そんな手間ひまかけなくても、今は便利なネットサービスがあります。最寄りの複数の葬儀社の見積もりを一括で入手できる、葬儀社一括見積もりサービスを使わない手はありません。

葬儀社一括見積もりサービスも、なるべく実績のある大手のサービスを利用することです。大手は、紹介できる提携葬儀社が多く、会社の信頼を損なわないよう、厳しい審査と口コミをもとに、優良な葬儀社を厳選しているので、満足度が高くなります。

安心して利用できる葬儀社一括見積もりサービスのおすすめは以下の2社です。いずれも、見積もり後のしつこい営業はありません。

いい葬儀

日本最大級の葬儀ポータルサイト

・最寄りの葬儀社を最大3社無料見積もり
・提携葬儀社全国900社以上・葬儀場5000ヶ所以上
・葬儀の口コミ 18,000件以上
・累計相談37万件以上
・葬儀検索サイトお客様満足度NO.1獲得(2017年アイディエーション調べ)
・24時間365日無料で相談・見積もり・依頼受付
・定額で僧侶手配も可能(戒名込み55,000円~)

業界大手の鎌倉新書が運営する「いい葬儀」は、葬儀の相談・見積もり、依頼ができる日本最大級の葬儀ポータルサイトです。提携葬儀社数や利用可能な葬儀場は業界トップ。独自の厳しい審査と膨大な利用者の口コミをもとに、優良葬儀社を厳選しているため、利用者の満足度が高いのが特徴です。また、緊急時の体制も万全なので安心して利用できます。
葬儀レビ
葬儀費用の一括見積もり・優良葬儀社紹介サイト
・最寄りの葬儀社を最大10社(基本的には最大5社ですが、お客様の要望と地域によってはそれ以上の見積りを手配可能)無料見積り
・提携葬儀社は全国約400社
・紹介実績年間4,800件以上
・独自の6つの認定基準をクリアした優良葬儀社を紹介
・24時間365日無料で相談・見積もり・依頼受付
・定額で僧侶手配も可能(戒名込み55,000円~)
「葬儀レビ」を運営するのは、「よりそうのお葬式」や「お坊さん便」なども運営するエンディング総合ブランド「株式会社よりそう」です。こちらも、独自の審査基準で優良な葬儀社を紹介しています。提携葬儀社数はいい葬儀より少ないですが、一度に最大5社まで無料見積もりが可能なので比較できる葬儀社の選択肢が多いです。

 

チェック!定額葬儀サービスと葬儀社一括見積もりサービスを両方比較して最安葬儀社を見つける

「小さなお葬式」や「よりそうのお葬式」などの定額葬儀サービスの場合は、各プランの葬儀費用はこみこみの固定料金なので、例えば葬儀を自宅でやりたい場合でも、プランに含まれている葬儀場使用料分を差し引くことができません。

その場合は、「いい葬儀」や「葬儀レビ」などの一括見積もりを利用して葬儀社を選択する方が費用的に安くなる場合があります。また、細かいニーズにも対応してもらえるので、満足感は得やすくなります。

また、どちらのサービスも全国対応にはなっていますが、すべての葬儀社・葬儀場を網羅しているわけではありません。

定額葬儀サービスは一括見積もりサービスより提携葬儀社が少ないので、地域によっては(特に田舎)近くに提携している葬儀社が少ない、またはまったくない確率が高いです。

両方のサービスを比較して、最安・最適な葬儀社を見つけましょう。

3. 「直葬」や「一日葬」を利用する

火葬式

葬式といえば、通夜と葬儀・告別式を行うのが一般的です。葬式は、所要日数が長くなるほど、また参列者が多くなるほど、費用は高くなるので、費用をおさえたいのであれば、小規模かつ所要日数が少ない葬儀形式を検討してみましょう。

葬儀の形式にとらわれず、費用面を第一に重視するのであれば、「直葬」や「一日葬」が選択肢のひとつになります。

「直葬」とは

「直葬」? 耳慣れない人もいますよね。

直葬とは、通夜や葬儀・告別式などの儀式を行わずに火葬のみを執り行う形態です。「火葬式」とも呼ばれます。

公正取引委員会が2016年に行なった「葬儀の取引に関する実態調査報告書」によると、従来の「一般葬」は減少傾向にあり、「家族葬」に次いで「直葬」が増加しています。

故人に身寄りがないとか、経済的な理由でお金をかけられない場合に選択される場合が多いですが、最近は故人が生前に直葬を希望するケースが多くなってきているそうです。

特に首都圏では直葬の割合が増加傾向にあり、取扱件数の5分の1に達している葬儀社もあるとか。

直葬では通夜も告別式もやらないので、費用が格段に安くなります。上記の格安の定額葬儀サービスを利用すれば、最安12万円以下(税好)で直葬(無宗教)が可能です。

単純に費用面だけを見れば、直葬が一番安く済む見送り方なので、お金をかけられない、またはお金をかけたくない場合は有力な選択肢の1つになります。

直葬について詳しくは、「直葬とは? 事前に知っておきたい費用、流れ、メリット・デメリット」をご覧ください。

「一日葬」とは

「一日葬」は、通夜を省略して告別式と火葬を同日に行う葬式です。

火葬だけでは簡単すぎるので、時間と費用をおさえつつ、告別式をやって親しい人と見送りたいという人にむいています。

費用的には、通夜を行わないのでその分の費用を節約できるほか、少人数で行う傾向があるので、華美な装飾も必要なくなるため費用をおさえることができます。

定額の格安葬儀であれば最安30万円前後で一日葬が可能なので、一般葬や家族葬に比べると費用をおさえられます。

一日葬について詳しくは、「一日葬とは? 一日葬の流れと費用、メリット・デメリットを理解する」をご覧ください。

直葬・一日葬の注意点

直葬や一日葬は従来の形式にとらわれない新しい葬儀スタイルです。

どちらも形式を簡略化して小規模に行う見送り方なので、費用がおさえられるほか、遺族や参列者は精神的にも体力的にも負担が減ります。

ただし、注意点もあります。

どちらも従来の葬儀の形式とかけ離れているので、親族の理解が得られず、批判を浴びたり反感を買ったりする可能性があります。

また、あまりにも簡単にやってしまった結果、後になってもっと故人と別れを惜しむ時間が欲しかったと後悔することもあると聞きます。たとえ、直葬や一日葬が故人の遺志だったとしてもです。

直葬や一日葬は葬儀費用をおさえる大きなメリットがありますが、あらかじめそういうリスクがあることを念頭に選択する必要がありますね。

4. 香典を辞退しない

香典

葬儀に参列したら遺族に香典を渡すのが一般的ですが、最近需要の多い、小規模に通夜・告別式を行う家族葬などでは、故人の遺志や参列者の負担を減らしたいといった理由から、香典を辞退する遺族が増えているそうです。

香典は、故人と遺族に対する弔意と葬儀の金銭的な支援の意味合いを持つ相互扶助的なものですよね。実際、香典をいただくことで葬儀費用を補えるため、負担を大幅に減らすことができます。それほど香典の恩恵は大きいといえます。

家族葬などは、参列者を限定して小規模にすることで遺族の心身の負担は減りますが、その分香典も減ることになるので、やり方によっては、持ち出しが多くなって割安感がなくなります。

香典を辞退するということは、すべての費用を負担しなければいけないということです。

香典返しの額や返礼の仕方には確かに地域性がありますね。私の実家エリアのように、香典をいただいたらその場で返す返礼品を香典返し(当日返し)とするところもあれば、金額の大きい香典に対しては当日返しとは別に後日、半額程度の後返しをするのが慣行になっているところもあるようです。地域によっては従来から香典返しがない、または香典返しをしない取り決めにしているところもあります。

当日返しと後返し両方の香典返しをするような地域であれば、費用や手間を考えると香典を辞退した方がいい場合もあるかもしれないし、香典をやり取りする関係を減らしたいという意味合いで辞退する事情があるかもしれまんせん。

ただ、葬儀費用を少しでも安くしたいのであれば、小規模な葬儀であっても、最低限、葬儀の参列者からの香典は辞退しない、さらには、遺族の意志に反しないのであれば、一般の弔問や香典も辞退しないで受け取るようにすることです。

願わくば、葬儀の金銭的な支援をするための香典に対して、お金を使って返礼する香典返しという慣習がなくなって欲しいものです。そうなれば本当の意味で遺族への支援になると思うのですが。