遺品整理_タイミング

葬儀が終わって一段落しても、身内が亡くなると片付けなければいけないことは他にもいろいろあります。

その一つが遺品整理です。故人が亡くなった後、何かと大変な時期でも、役所関連や各種契約の解約・変更手続き、相続が関連することもあるため、遺品整理を放置しておくわけにはいきません。

故人との思い出や気持ちを整理する良い機会でもありますが、遺品整理はいつから始めればいいのか、わからないという人も多いのではないのでしょうか。

身内が亡くなった場合、どのタイミングで遺品整理をするべきなのか考えてみます。

遺品整理のタイミング

遺品整理のタイミングについては、明確な決まりがあるわけではありません。そのため、自分の好きなタイミングで始めてしまってもいいとも言えます。

ただ、一般的には四十九日の法要が終わったら遺品整理を開始するというのがある種のマナーのようになっています。四十九日が終わると故人は現世から天国へと旅立つと言われていて、遺品整理もそのタイミングでするのがいいだろうと考えられているわけです。あくまでも仏教界の話しですが。

通常言われる四十九日が終わってから遺品整理について考えても問題ない場合もあるかもしれませんが、実際にはもっと早いタイミングで始めないといけない状況もありますし、できるだけ早く始めた方が良いことも多いです。

いずれにしても、自分だけの判断で遺品整理を始めるのではなく、家族(遺族)にも一言相談することです。遺族全員が遺品整理に立ち会って作業することは、現実的に難しいと思うので、あらかじめ実際に片付けをする人に、遺品を処分するときの決定権を持たせてから始めたほうがいいでしょう。

遺品整理を早めに始めた方がいい場合

故人が一人暮らしだった場合

離れて一人暮らしをしていた故人の遺品整理は、生活スペースすべてが遺品整理の対象になるので大変です。

故人が賃貸住宅で暮らしていた場合は、遺品整理を早めに終わらせないと、余計な家賃の支払いが発生しますし、大家さんに早く荷物を片付けて退去してほしいと言われることもあるかもしれません。持ち家であっても空き巣や不審者の侵入が懸念されます。

また、役所関係や私的に契約していた各種手続き(解約・変更・口座変更など)を早めに行わないと、余計な料金が発生したり、用意する書類が増えて手続きが煩雑になったりします。

故人が一人暮らしだった場合は、葬儀が終わったらなるべく早めに遺品整理を始める必要があります。

相続が必要になる場合

相続手続きが必要になるケースがあるので、故人に属する書類は早めに確認しておいたほうがいいです。

遺品整理をすると、遺言書をはじめ、預金通帳や保険証書、借金の借用書など、遺族にプラスになる内容の書類もあれば、負の遺産の書類など相続に関わる重要な書類が出てくる可能性があります。

遺産の金額にもよりますが、相続税が発生する場合は10ヶ月以内に申告・納税が必要になります。

また、借金などの負の遺産のために遺産がマイナスになる場合は相続放棄を考えることもあるかもしれません。原則、相続放棄は相続の発生から3ヶ月以内というルールがあります。

このように相続に関する問題の解決期間を考慮すれば、特に書類については葬儀後できる限り早めに手を付けた方がさまざまな手続きに対処しやすいです。
遺品整理_タイミング2

父の遺品整理

実家で母と2人暮らしをしていた父は、ある病気で入院してから約3年後に他界したのですが、入院後間もなく、下半身不随になりもう家に帰ってくることが不可能だと分かった段階で、定期的に帰省して、母と相談しながら、父の持ち物を一部処分したり、書類を整理し始めました。

処分したものは、車(母は運転できないので、父の了解を得て親戚に譲渡)、価値のない小物や、黄ばんだりボロボロになっている衣類などです。

大変だったのが書類の整理でした。重要なものから不要なものなで、さまざまな書類がごった返しになっていたので、種類別・年代別に分別した後に不要な物を廃棄して・・・とかなり時間がかかりました。でもこの作業のおかげで、父の資産(わずかですが)を把握できました。

その他のもの(主に身につける衣類、靴、時計など)は、葬儀で集まった際に親族に一部、そして四十九日を過ぎてから早々に近所の人や親戚に欲しいものを引き取ってもらいました。残った物は廃棄処分です。

父の遺品は、父が入院中から整理・処分し始めたので、遺品整理の前の生前整理も含めた整理でした。事前に少しずつ始めていたので結果的に葬儀後の遺品整理が容易だったことは確かです。

遺品整理を専門業者にお願いする場合

故人が遠くで一人暮らしだった場合、遺品を整理する遺族がその場に移動して片付けるという作業は簡単なことではありません。整理する側が仕事を抱えてていれば何日も費やすわけにもいかないでしょうし、交通費もばかになりません。

広い一軒家を片付ける場合は、膨大な物の多さに圧倒され、何から手を付ければいいのか途方に暮れてしまうでしょう。

また、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、余計な家賃を発生させないためにも早急に遺品整理をする必要があります。

葬式だけでも大変だというのに、遺品を片づける作業はさらに肉体的・精神的な負担が大きくなります。最近は、遺品整理を業者に任せる例が増えているのも理解できます。

重要な書類や心情的に処分できない遺品は、処分してしまわないようにあらかじめ業者と打ち合わせをして進めれば効率的かつ短時間で遺品整理できます。遺品整理の負担を抱え込まないように専門の業者を活用することも一つの方法です。

遺品整理をすべて任せたい場合
自分で片付け・清掃をするのが難しいため、すべてお任せしたい場合は遺品整理専門業者が役立ちます。

たとえば、遺品整理のプロである遺品整理士が在籍する業者のみを検索・紹介する「みんなの遺品整理」
を利用すれば、安心できる業者が見つかるほか、無料で相見積もりや相談ができます。

遺品の仕分け・処分はもちろん、愛用品や仏壇などのお焚き上げや、片付け後の部屋の清掃、孤独死による特殊清掃なども依頼できます。


買取専門業者も活用する
お金になるようなものを買い取ってもらうことで、遺品整理にかかる費用を減らすことができます。

多くの遺品整理業者は「処分」も「買取」もしていますが、遺品によっては買取額が低い場合があります。時間がなかったり、他の業者に依頼するのが面倒な場合は遺品整理業者に買い取ってもらってもいいですが、買取は「買取のプロ」に依頼した方が適正価格での買取が見込めます。

着物や骨董品、絵画、毛皮、ブランド品、貴金属、切手や小銭などのコレクションなどは、買取専門業者の方が高く売れる場合があります。

バイセル買取プレミアムは、出張買取・宅配買取・持込買取が全国対応しており、出張料・査定料も無料です。