遺品整理業者の料金相場

身内が亡くなって、その人の部屋や家を片付けなければいけないけれど、遠距離なのでなかなか休みがとれない、何から手を付ければいいのかわからない、物が多くて自分一人だけではできない、などの理由からなかなか遺品整理に踏み切れない人は多いでしょう。

そういうときに頼りになるのが、遺品の整理を代行してくれる遺品整理業者です。

遺品整理を専門業者に依頼する場合、気になるのは料金がいくらになるのかという点です。

特に初めて利用する人にとっては、料金の相場がわからず不安を感じることもあるでしょう。ここでは遺品整理業者の料金相場について紹介します。




遺品整理業者の料金相場

遺品整理の料金については決められたルールがあるわけではないので、業者がそれぞれ自由に設定しています。

とはいえ、他の業者よりもあまりにも高い料金を設定すればお客が離れてしまうので、実際にはある程度の価格帯に落ち着いているのが現状です。

適正な料金でしっかり遺品整理をしてくれる専門業者を見つけるためにも、依頼する側も相場価格について把握しておいたほうがいいでしょう。

遺品整理業者に作業を依頼した場合の料金相場は、一般的に部屋の広さによって異なります。

つまり遺品整理をしなければいけない範囲が広くなるほど手間もかかるので、料金も高くなると考えてかまいません。

遺品整理の具体的な料金相場

では具体的な相場について見てみましょう。
遺品整理のプロである遺品整理士が在籍する遺品整理業者検索・一括見積もりサイト「みんなの遺品整理」を参考にさせていただきました。

間取り 料金 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

*上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用です。

料金に幅がある理由

同じ広さの部屋でも料金に幅がある理由はいくつかあります。

①処分するモノの量

部屋にあるモノの量が多ければ多いほど処分費用も高くなります。

②処分するモノの種類

処分品の中に、まだ使える家具や、比較的新しい家電、骨董品・貴金属・ブランド品などがある場合は、それを買い取って、処分費用から差し引いてくれる業者もあるので、料金が抑えられる場合もあります。

買取やリサイクルしてくれる商品アイテムや条件は業者によって違うので確認が必要です。

③作業希望日までの余裕

作業希望日までの日数に余裕がある依頼よりも、緊急性の高い依頼の方が高くなります。

切迫した作業希望日に対応するためには、迅速に作業を終わらせるために多くの作業スタッフが必要になるので人件費が増すことや、処分品の運搬車両を一日に何度も往復させないといけない場合があるので、追加料金が発生します。

④建物や道路の状況

アパートやマンションの場合、階層やエレベータの有無、建物の近くにトラックが駐車可能かどうかによって作業効率に差が出るため、悪条件の場合は作業時間が長引くため追加料金がかかる場合があります。

部屋の広さがわかれば、おおよその料金の検討をつけることはできますが、モノの量や種類、作業希望日までの猶予、建物や道路環境によって料金は変動するということです。

最終的な料金については現場を見て、見積もりをしないとわからないため、上記金額はあくまでも目安と考えてください。

オプションサービス

遺品整理業者が提供しているサービスには追加料金がかかるものがあるので、それを依頼すると別途料金がかかります。

業者によってオプションサービスの内容は異なりますし、基本料金に含まれるサービスもあるので、確認が必要です。

オプションの例)
・遺品の供養・お焚き上げ
・エアコンの取り外し
・ハウスクリーニング
・特殊清掃
・データ消去
・夜間時間帯指定
・車・バイクの廃車手続き代行
・リフォーム
・家屋の解体

必ず訪問見積もりを取る

遺品整理の料金は現場の状況によって幅があるので、現場を見ないと実際の作業量が見えないため最終的な料金を出すことができません。

後で料金トラブルにならないよう、遺品整理ではまず業者に実際に現場を見てもらい、見積もりを出してもらうようにしましょう。

訪問見積もりに応じない業者は要注意!
訪問見積もりを依頼してもやりたがらなかったり、応じない業者は、当日になって追加請求をしてくる悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

相見積もりを取る

できれば複数の業者の見積もりを取って、料金を比較することがベストです。同じ作業内容でも安い料金でしっかり遺品整理をしてくれる業者が探せます。

また、整理後に見積もりとは違う額を請求されるケースもあるので、事前にそうしたことがないかを聞いておきましょう。

見積書をチェックするときは、何にいくらかかるのか内容・金額の明細がしっかり記載されているか、必要な作業がもれなく含まれているかを確認します。

まとめ

遺品整理を専門業者に依頼するなら相場についてしっかり把握しておきましょう。何もわからないままだと高額の料金を支払うことになり、後で後悔することになります。

依頼する場合は必ず訪問見積もりをとり、後で料金トラブルにならないようにすることも重要です。

遺品整理のプロである遺品整理士が在籍する業者を検索して依頼できる「みんなの遺品整理」
を利用すれば、安心できる業者が見つかるほか、無料で相見積もりや相談ができます。

遺品の仕分け・処分、清掃はもちろん、愛用品や仏壇などのお焚き上げや、孤独死による特殊清掃などを依頼できる業者も見つかります。